朝青龍(1980.09.27)

復活22度目Vだから。

千秋楽の相星決戦となった横綱対決は、朝青龍(27=高砂)が白鵬(23=宮城野)を小手投げで破り、13勝2敗で4場所ぶり22度目の復活優勝を遂げた。優勝22回は貴乃花と並んで史上4位。

優勝回数1位は大鵬(32回)、2位千代の富士(31回)、3位北の湖(24回)。

優勝経験のないのは第60代横綱・双羽黒こと北尾光司。元スポーツ冒険家、現大相撲立浪部屋のアドバイザー兼ナイフ評論家。高田延彦戦でのハイキックKO負けは伝説。

【ミニロト・本日の予想数字 27】

【送料無料】お帰りなさい朝青龍

【送料無料】お帰りなさい朝青龍
価格:1,575円(税込、送料別)

AD
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AD