板井圭介(1956.03.21)

八百長疑惑報道で証言だから。

八百長疑惑報道をめぐり、日本相撲協会と力士ら32人が、週刊現代などを提訴した名誉棄損訴訟の口頭弁論が3日、東京地裁で行われ、元小結の板井圭介氏(78年名古屋場所初土俵、91年名古屋場所で引退)が被告側の証人として出廷した。板井氏は自らの経験から「大相撲に八百長はある。75~80%は八百長」などと訴えた。

千代の富士の最後の白星相手。幕内皆勤全敗記録の保持者(1991.07)。ほかの記録保持者は佐田の海(1988.03)、清勢川(1963.01)、桂川(1942.01)。

元鳴戸親方、元関脇・高鐵山の菅孝之進 と元大鳴戸部屋後援会副会長の橋本成一郎が同じ病院で同日(1996.04.14)・同時刻に同じ病気で死亡した怪死事件のきっかけとなったと言われる書籍は>「八百長―相撲協会一刀両断」(鹿砦社)。

【ミニロト・本日の予想数字 21】

AD
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AD